マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

目指せ!いつまでも元気で美しい女性

誘惑に負けないダイエットにチャレンジ開始!
25歳頃までは、理想体重を追いかけ、それなりにキープしておりました。
でも無理なダイエットが、健康を害しかえって太りやすい体質を作ると聞き、体脂肪を減らすダイエットにチャレンジすることに。
今からのダイエットは、健康や若さを追求しながら体脂肪を減らすこと
[いつまでも元気で美しい女性]を目指して頑張ります!

体脂肪率を減らす運動

【体脂肪率】を減らすには体を動かすことが大変有効です。
ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が、特に【体脂肪率】を減らすには効果があるのだとか。
有酸素運動によって酸素を体内に取り込み、その酸素で脂肪を燃焼させることにより【体脂肪率】を減らすことができるのでしょう。
また、有酸素運動によって体内の筋肉量が増えると【体脂肪率】を減らす体質になるようです。
筋肉が増えると基礎代謝量も上がるので、じっとしていても消費するカロリーが高くなるのだとか。
ですから【体脂肪率】を減らすには、筋肉をつけることも重要なポイントになるでしょう。

【体脂肪率】を減らすために運動する場合は、1回の運動時間が20分以上になるのが望ましいようです。
昔私が買ったエアロビクスのビデオでも、インストラクターが20分以上運動しないと脂肪が燃焼されないというようなことを言っていました。
20分以上継続させて運動しないとしつこい脂肪を燃やすことはできないし、更に脂肪を燃焼させて【体脂肪率】を減らすなら、40分以上運動するのが良いようです。
そして、バランスの良い食事をすることも【体脂肪率】を減らすには大切なことでしょう。
以前とあるテレビ番組で栄養士の方が話していましたが、から揚げ1個を消費するのに、マラソンだと何キロも走らなければならないのだとか。
マラソンを何キロも走るよりも、目の前のから揚げ一口を我慢する方が楽かもしれません。
【体脂肪率】を減らすには、食事量を落とすことも大切でしょう。
ただどんなに運動が良いといわれていても、【体脂肪率】が大変高く体重の重い方が激しい運動をいきなり行うのは避けたほうが良いようです。
ジョギングなどは、今の体重がそのまま膝関節などにのしかかる感じになりますから、体の部位を痛めてしまうことがあります。
ですからあまりにも【体脂肪率】が高く体重の重い方は、軽めの運動から徐々に運動量を増やすようにしましょう。

体脂肪率の女性基準値

【体脂肪率】は女性のほうが男性よりも高い数値になるようです。
例えば、私は40代女性で【体脂肪率】が27%あるのですが、この数値で肥満ではありません。
インターネット上には【体脂肪率】の平均値を分かりやすく表にしたサイトがあります。
これを見ると、40代女性は【体脂肪率】が21%未満だと痩せている、22%から28%だと標準のマイナス、29%から34%で標準プラスということになります。
私の場合は40代女性で27%なので【体脂肪率】が標準マイナスになるのです。
ちなみに40代女性は36%から40%が軽肥満、41%以上の【体脂肪率】だと肥満になります。
私が40代女性ではなく40代男性だったとしたら、27%の【体脂肪率】では軽肥満になってしまいます。
男性と女性で【体脂肪率】に差が生じるのは、ホルモンが関係しているのだとか。
男性ホルモンは筋肉を増やす作用があるため、男性の方が女性よりも【体脂肪率】が低い傾向になるようです。
男性は女性よりも筋肉太りであるということでしょうか。
また【体脂肪率】だけでなくBMIの数値でも、女性は男性よりも腹囲が大きくて大丈夫なようです。
腹囲が大きいと内蔵脂肪型肥満になる可能性が高いといわれているようですが、女性は男性よりもウエスト周りが太くても良好とされるのです。
男性よりも女性のほうが、お腹に脂肪が付きやすいし、それが当然ということでしょうか。
ただ、どんなに女性のほうが男性よりも【体脂肪率】が高くても大丈夫とされていても、あまりにも数値が高ければ脂肪を落とす努力は必要でしょう。

【体脂肪率】が高い女性は、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を上手に取り入れて脂肪を燃焼させるようにしましょう。
また、食べすぎに注意することも、女性の【体脂肪率】を下げるには重要だと思います。
女性は料理の途中で味見をしたり、家族が残した物を「もったいない」といってついつい食べてしまいがちです。
このような食生活を見直せば、【体脂肪率】を下げることができるのではないでしょうか。


体脂肪率とBMI

【体脂肪率】とBMIは、ともに肥満度を量る目安として大変重要です。
BMIは体格指数と呼ばれて身長と体重によって肥満度を算出され、【体脂肪率】は体内に蓄えている脂肪の割合で計測器によって量るのが一般的のようです。
BMIは体重÷身長÷身長という計算式で算出することができます。
ちなみに身長150センチで体重49キロの私のBMIは21.78になりますから肥満ではないということになり、【体脂肪率】になると体脂肪計では27%となりました。
インターネット上には自分の身長やウエストの数値を入力するだけで【体脂肪率】とBMIを算出することのできる便利なサイトがあります。
体脂肪計を持っていない、計算をするのが面倒だという方は、このようなサイトを利用して自分のBMIと【体脂肪率】を知っておくと良いでしょう。

【体脂肪率】とBMIで肥満という結果が出てしまった場合は、自分の脂肪を減らす努力をしましょう。
BMIと【体脂肪率】の数値が高いと、生活習慣病にかかる確率が格段にアップしてしまうからです。
生活習慣病になるとガンや心臓病などになりやすいとされていますから、BMIと【体脂肪率】の数値を管理することは大変重要でしょう。
BMIと【体脂肪率】の数値が高く肥満と判断されたら、体内の脂肪を落とすようにすると良いと思います。
BMIと【体脂肪率】の数値を下げて体内の脂肪を落とすためには、運動が大変効果的です。
ジョギングやウォーキングといった有酸素運動がBMIと【体脂肪率】の数値を下げるには有効なのだとか。
また、食生活の見直しもBMIと【体脂肪率】の数値を下げるには重要でしょう。
運動だけでBMIと【体脂肪率】の数値を下げるのは大変難しく、食事の見直しは外せないポイントです。
とあるテレビ番組で栄養士の方が話していましたが、から揚げ1個を消費するためには何キロもマラソンをしなければならないとのこと。
ですから運動をしていれば大丈夫ということではなく、運動と併用して食生活を見直さなければBMIと【体脂肪率】の数値は下がらないと思います。

【体脂肪率】とBMIに関する情報はインターネット上にたくさん寄せられていて、ダイエットに役立つ食品や運動器具も数多く販売されています。

体脂肪率計の使い方

【体脂肪率】計を使って自分がどのくらいの脂肪を蓄えているのかを量っている方は大変多いでしょう。
街を歩いていると様々な【体脂肪率】計を店頭で見かけます。
両手に持って量るものや、体重と同時に量ることのできる【体脂肪率】計もあります。
体重と同時に量ることのできる【体脂肪率】計は、両足を乗せたときに微弱な電流を流して体脂肪を量るようです。
ただ、単純に電流を流せば量れるというものでもなく、性別や年齢、体重などのデータを【体脂肪率】計にインプットしておいて、それを目安に数値を算出しているのだとか。
ですから標準的なデータに基づいていない方は、【体脂肪率】計で体脂肪を測定するのが難しいようです。
例えば成長が著しい子どもや、妊娠中の女性、筋肉がたくさん付いているアスリートなどが、【体脂肪率】計にインプットされているデータと離れているのだとか。
今はデータに基づいて計算できない方のために、【体脂肪率】計にアスリートモードが搭載されているものも登場しているようです。
ですから、スポーツジムなどで体を鍛えている方が体脂肪を測定するときは、【体脂肪率】計のアスリートモード搭載のものが便利だと思います。
手で測る【体脂肪率】計には、手軽に持ち歩けるミニサイズのものも登場しています。
サイズが3.1センチ×8.2センチ×1.8センチの【体脂肪率】計も登場しているので、ポケットに入れておけば気になったときにいつでも手軽に体脂肪を量ることができるでしょう。

【体脂肪率】計で体脂肪を計測すれば肥満予防に繋がり、健康維持に大変役立つと思います。
体脂肪を【体脂肪率】計で量ったら肥満と出た方は、その体脂肪を減らす努力をしてみましょう。
ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が体脂肪燃焼には大変効果的なようです。
そして、バランスの良い食事を摂取すると良いでしょう。
【体脂肪率】計で量る数値は、朝と晩で変動します。
ですから、運動や食事制限をしながら、毎日一定の時間を決めて【体脂肪率】計を使ってみてください。

体脂肪率の測定

【体脂肪率】を測定するには体脂肪計を活用すると大変便利でしょう。
自分で計算することによって【体脂肪率】を測定することもできるようですが、体のあちらこちらの脂肪をつまんで厚さを調べる必要があるようです、
ですから乗るだけで測れる体脂肪計や、両手で持つだけで測定できる体脂肪計があれば、手軽に自分の【体脂肪率】を知ることができるでしょう。

【体脂肪率】を体脂肪計で測定するときは、測定するときの時間が重要なようです。
朝起きたときと、夜寝るときの【体脂肪率】には変動があるからです。
ですから体脂肪を【体脂肪率】で測定するときは、毎日一定の時間を決めて量るようにしましょう。
できれば、夜、入浴後に【体脂肪率】を測定すると良いようです。
また、ジムなどに通って体を鍛えている方は、アスリート用のモードを搭載した体脂肪計を使って【体脂肪率】を測定すると良いでしょう。
体脂肪計は体内に微弱な電気を流すことによって【体脂肪率】を測定します。
しかし、単に電気を流すだけでなく、体脂肪計には一般的な方の標準データがインプットされていて、それをベースにして【体脂肪率】の測定値を割り出しているのだとか。
ですから筋肉量の多いアスリートなどは一般的な方の標準データが合わないので、アスリートに合わせた体脂肪計で【体脂肪率】を測定しないと、実際の数値とかけ離れてしまうようです。
【体脂肪率】は健康維持の一つの目安になるので、測定して自分の健康管理に役立てると良いと思います。
自分の体内にどれくらいの脂肪がたまっているのかを体脂肪計で測定して【体脂肪率】が肥満気味と出たら、その脂肪を減らす努力をしてみましょう。
体脂肪を減らすにはジョギングやウォーキングといった有酸素運動が良いようです。
また、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

【体脂肪率】に関する情報はインターネット上にたくさん寄せられていて、体脂肪を測定できる体脂肪計もネット上ではたくさん販売されています。
体脂肪計の中にはポケットに入るぐらいにまで小さいものも登場していますから、このような体脂肪計なら気付いたときに【体脂肪率】を手軽に測定することができるでしょう。

体脂肪率とアスリート

【体脂肪率】はアスリートともなると、数値が大変低くなるようです。
体内に微弱な電流を流して【体脂肪率】を量る場合、筋肉は電流を流して脂肪は電流を流さないので、この電気抵抗を利用して量るとアスリートは低い数値になるのです。
ちなみに、ブラジルのサッカー選手などは【体脂肪率】が一ケタ台というアスリート集団になるのだとか。
以前、テニスの有名な女性アスリートは【体脂肪率】が17%しかないと聞いたことがあります。
テレビ画面を通してみるテニスの女性アスリートはとても体格がしっかりとしているので、【体脂肪率】が低いようには見えませんでした。
よほど体に筋肉がついているということなのでしょう。
とある【体脂肪率】も量れるということで有名な体重計には、アスリートの専用モードが搭載されているようです。
アスリートは一般的な方と体の組織が違うので、一般的な統計が該当せず、アスリート用のデータに基づいて【体脂肪率】を割り出すのだとか。
フィットネスジムで【体脂肪率】を落とそうと運動に励んでいると、始め数値が順調に下がり、ある一定の時期を過ぎると徐々に数値が上がる方がいるのだとか。
このような方は、途中で【体脂肪率】をアスリート用のモードで量ると良いようです。

【体脂肪率】というのは低すぎてもいけないとのこと。
あまりにも低い【体脂肪率】は、筋肉低下や低体温を招いてしまうことがあるようです。
一流アスリートともなれば世界で活躍しなければなりませんから【体脂肪率】を落として筋肉量を増やさないとならないでしょう。
しかし、健康維持のために【体脂肪率】を管理するのであれば、アスリートのように一ケタ台の数値にするよりも、標準程度で調節する方が良いかもしれません。
ただ、【体脂肪率】を減らすには筋肉を増やすことが大変有効ですから、アスリートほどではなくても適度な運動をすることは良いことでしょう。

【体脂肪率】に関する情報は、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、一流アスリートがどのくらいの【体脂肪率】なのかも、ネットを調べると見ることができます。

体脂肪率とダイエット

【体脂肪率】とダイエットは切っても切れない関係にあると思います。
ダイエットを健康維持のために実践しようと考えている方は、【体脂肪率】が大変重要になってくるでしょう。
単純に痩せればよいというダイエットとは違い、【体脂肪率】を管理するダイエットは体内脂肪を落とさなければなりません。

【体脂肪率】を低くする効果的なダイエット方法として、運動を挙げることができるでしょう。
ダイエットで【体脂肪率】を低くするには、運動によって脂肪を効率よく燃焼させるとよいと思います。
脂肪が燃える体を作るにはある程度筋肉が必要で、【体脂肪率】を低くするには筋肉をつけるために運動するのが良いのだとか。
そして、有酸素運動が【体脂肪率】を低くするダイエットにはオススメです。
有酸素運動にはウォーキングやエアロビクスなどがあり、きちんと呼吸をしながら行うことダイエットで【体脂肪率】を低くすることができるでしょう。
ダンス系の運動でダイエットに成功したというお笑い女性タレントも、その運動をするときにはきちんと呼吸をしなければならないとブログで語っていました。
きちんと呼吸をしないと体内に酸素を取り込むことができないので、【体脂肪率】を低くするのに効果的な有酸素運動にならないのでしょう。
そして、運動する前にアミノ酸系のサプリメントなどを摂取すると効率よく脂肪を燃焼させることができるので、【体脂肪率】を低くするダイエットに効果を発揮するのだとか。
また、【体脂肪率】を低くするダイエットには、バランスの良い食事も重要でしょう。
自分が消費するカロリーよりも摂取カロリーが多ければ【体脂肪率】を低くするダイエットどころか、数値が高くなる一方かもしれません。
以前とあるテレビ番組で、運動するよりもバランスの良い食事を摂取する方が効率よくダイエットできると栄養士の方が言っていました。
から揚げ1個分を消費するのに、何キロもマラソンしないとならないのだとか。

体脂肪率の計算方法

【体脂肪率】を計算で算出する方もいるようです。
体重計で【体脂肪率】を量っている方も多いと思いますが、肥満度は計算でも割り出すことができますから、それらの式を知っておいて損は無いでしょう。
ただ、BMIと呼ばれる肥満度を計算して算出する方法は、【体脂肪率】とは異なる場合もあるのだとか。
【体脂肪率】では標準とされても、肥満度では肥満であるという結果になることがあるようです。
特に筋肉が多い方は、肥満度が高くなり【体脂肪率】が低くなる傾向にあるのだとか。
ただ、【体脂肪率】にしても肥満度にしても、その数値を知っていれば健康維持には大変役立つと思います。

【体脂肪率】に関わってくる肥満度は、体重÷身長÷身長で割り出すことができます。
私の場合、身長が150センチで体重が49キロですから、49÷150÷150で肥満度が21.77になります。
電卓ではなく、ネット上のサイトを活用させていただいて算出しました。
この数値は、肥満でもなければ痩せすぎでもないということです。
体重計で【体脂肪率】を測定すると27%と出ました。
この数値も、肥満でもなければ痩せすぎでもないという数値ですから、肥満度にしても【体脂肪率】にしても、私の場合は程よいところでしょう。
また、【体脂肪率】は二の腕と肩甲骨の下辺りの脂肪をつまんで計算することができるのだとか。
この計算方法は、【体脂肪率】が世間に浸透するまで使われていたようです。
インターネット上には、この【体脂肪率】を簡単に計算できるサイトがあります。
自分の脂肪の厚さを入力するだけで、【体脂肪率】を計算してくれるのです。
とても便利なサイトですから、ネットで調べて【体脂肪率】を計算してみてください。

【体脂肪率】に関する様々な情報がネット上に寄せられていて、それに関する計算方法も多数公開されています。
数値を入力するだけで【体脂肪率】を計算してくれるという便利なサイトもたくさんありますから、ぜひ活用してみてください。

体脂肪率の平均

【体脂肪率】の平均値ですが、男性で18~39歳の場合17~21%、女性で18~39歳の場合28~34%となるようです。
この数値は【体脂肪率】の平均値ですから、軽肥満や肥満になると数値はこれ以上になります。
【体脂肪率】の平均値を超えて肥満となると、男性18~39歳の場合は27%以上、女性18~39歳の場合は40%以上となります。
この【体脂肪率】の数値を見て、ヒヤッとしたり、安心したり、反応は人それぞれでしょう。
そして【体脂肪率】の平均値は、年齢を重ねるごとに高くなるようです。
60歳平均は、男性の場合【体脂肪率】が30%以上で肥満、女性の場合は42%以上で肥満となります。
ちなみに私の【体脂肪率】は40歳で27%。
私は27%でギリギリ肥満になっていないと思っていましたが、この【体脂肪率】の平均を見ると案外標準のようです。
少し、ほっとしました。
子どもの【体脂肪率】も問題になっているようです
外で体を動かして遊ばずに、ゲームなどで家の中で遊ぶ子どもが増えているからでしょう。
子どもの【体脂肪率】平均は、10歳の男の子で16~25%、10歳の女の子で20%~28%になるようです。
私も子どもを二人持つ母親なのですが、子どもは多少【体脂肪率】が高くて太っていても今後身長が伸びるので、それほど数値にカリカリしなくても大丈夫なように思います。
ただ、保健の先生や医師から注意を受けた子どもは、【体脂肪率】平均値を念頭に置いてに注意をした方が良いでしょう。

【体脂肪率】を体重計で量っているという方も多いのではないでしょうか。
乗るだけで【体脂肪率】を量ることができる体重計などは手軽に量ることができるので大変便利ですし、健康維持に役立つと思います。
ただ、体重計で【体脂肪率】を量る場合は、その時間帯に注意が必要でしょう。
夜よりも朝に量ったほうが、【体脂肪率】が高く出るからです。

体脂肪率

【体脂肪率】とは動物が体の中に持っている脂肪含有率のことで、健康維持の一つの目安として役立てている方も多いと思います。
太っていると【体脂肪率】が高いのではないかと考え、健康のために痩せようとする人もいるのではないでしょうか。
しかし【体脂肪率】というのは少なすぎても健康に良くないようです。
【体脂肪率】が低すぎると体温低下や筋力低下に繋がることがあるのだとか。
ですから【体脂肪率】から健康を考えるなら、ほどよく脂肪は蓄えておいたほうがよいということになるかもしれません。
ただし、脂肪の蓄えすぎは健康を害してしまいますから、やはり自分の【体脂肪率】を管理して丁度良い数値で安定させることは重要だと思います。

【体脂肪率】を体重計で計っている方も多いのではないでしょうか。
我が家にも【体脂肪率】を量ることのできる体重計がありました。
私も自分のスタイルが気になり【体脂肪率】をせっせと量っていましたが、朝と晩では数値が違うのをみなさんはご存知でしょうか。
私の場合、夜に量ると27%ぐらいの【体脂肪率】が、朝に量ると33%と肥満の数値を示していたのです。
体脂肪計は体内に微弱な電流を流して【体脂肪率】を量ると聞いています。
脂肪は電流を通さないので、その抵抗で【体脂肪率】が量れるのだとか。
それで私は「寝ている間に体内の水分が減るので【体脂肪率】が高くなる」と勝手に思い込んでいました。
【体脂肪率】の数値が高いと、ついつい自分の都合の良いように解釈してしまうものです。
女性の場合、【体脂肪率】が30歳以上だと20〜27%が適正値で30%以上が肥満とされているようですから、私の場合、朝は肥満で夜はギリギリ適正値といったところでしょう。
ただ、私の場合、外見は150センチの体重49キロなので、【体脂肪率】が高い肥満とは見えにくいようです。
ぽっちゃりとはしているけれども太っているというほどでもないという私で、【体脂肪率】が27%肥満ギリギリ。
【体脂肪率】が高いかどうかは、見た目では判断できないという良い例のような気がします。

タグ:体脂肪率
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。